香水ブランド雑記
不快にさせず印象に残る香りを目指して
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
香水の語源
香水の語源はラテン語で、もともと体臭を消すものでした。そのため体臭があまりない日本人には、なじみが薄くあまり浸透していないのが実状です。でも香水をつけることで、いつもと違う雰囲気になることも可能なのです。
香りの歴史は古く、古代エジプト時代にまでさかのぼります。当時、香料は非常に神聖で神秘的であり、悪を排除し、害を寄せつけないものと信じられていました。日本では、お香を焚いて香りを身に付ける習慣が平安貴族の間では日常でした。
人気の香水は、比較的安定しています。「自分の香水」を見つけた人はそれを続けて購入するからです。人気の香水としては「イヴ・サンローラン ベビードール」「エリザベス・アーデン グリーンティー」などがあります。
TPOに合わせてつけるのが大人の香水のつけ方です。食事をする場所や病院、葬儀ではできるだけ香水を控えましょう。香水をつける場所は手首の内側、うなじ(耳の後ろあたり)、ひじの内側、太ももの内側やひざの裏、足首などがオススメです。



スポンサーサイト
未分類
香水の種類
香水はその香りはもちろん、名前にもボトルの形などにもコンセプトがあり、自分にあった香りを選んでみるのも良いことだと思います。
有名な香水というと

ブルガリ  「ブルー」 「ブループールオム」 「プールファム」 「プールオム」
シャネル 「アリュールオム」 「アリュール」 「エゴイスト」 「エゴイストプラチナム」 「チャンス」 「ココ」 「ココマドモワゼル」
エルメス 「テールドゥエルメス」 「ヴァンキャルトルフォーブル」
クリスチャンディオール  「デューンプールオム」
エリザベスアーディン 「グリーンティー」
フェラガモ 「プールファム」 「プールオム」 「サブティール」 「サブティールプールオム」
カルバンクライン 「エタニティー」 「トゥルース」、ランコム 「ミラク」 「ミラクオム」
エスティローダー 「プレジャーズ」 「ビューティフル」、イヴサンローラン 「インラブアゲイン」
エスカーダ 「イントゥーザブルー」
アランドロン 「サムライウーマン」 「ショーグン」
ラルフローレン 「ロマンス」 「ロマンスシルバー」
クリニーク 「ハッピーハート」 「ハッピー」
ジバンシー 「ウルトラマリン」 「パイ」 「パイフレッシュ」
ベルサーチ 「エセリアルエッセンス」アラミス 「タスカニーペルウォモ」
アザロ 「クローム」 「ビジット」
ケンゾー 「ローパケンゾー」、ゲラン 「ランスタン・ド・ゲラン」
グッチ 「プールオム」
ランバン 「オム」
フェラーリ 「レッド」 「ライトエッセンス」

などがあります。

お店によっては香水のボトルに名前、メッセージなどを刻んでくれるサービスもあるようですので、特別な日の贈り物などにも最適なのではと思います。




未分類
香水の使い方
香水は、香りを楽しむだけでなく、使い方によってあなた自身の気分も変化させてくれるものです。もともとは体臭を消すものとして使われていましたが、欧米人と違い体臭のない日本人にはあまり馴染みのないものでした。古代エジプト時代、香料は非常に神聖で神秘に満ちたものでした。悪を排除し、害を寄せつけないものと信じられていたのです。日本では、約1200年前の平安時代貴族達は、お香を焚いて香りを身に付ける習慣が日常でした。人気の香水としては「イヴ・サンローラン ベビードール」「カルバンクライン エタニティ」「アランドロン サムライウーマン」などがあります。お気に入りの香水を購入し続ける人が多いため、人気の香水は、比較的安定しています。長く自分でも香りを楽しみたい場合は、手首の内側、うなじなど上半身を中心に香水をつけましょう。動くたびにほんのりと香水の香りがわかるようにするには、下半身を中心につけるのがポイントです。TPOに合わせて大人を演出しましょう。


未分類
香水の種類
香水はその香りはもちろん、名前にもボトルの形などにもコンセプトがあり、自分にあった香りを選んでみるのも良いことだと思います。
有名な香水というと

ブルガリ  「ブルー」 「ブループールオム」 「プールファム」 「プールオム」
シャネル 「アリュールオム」 「アリュール」 「エゴイスト」 「エゴイストプラチナム」 「チャンス」 「ココ」 「ココマドモワゼル」
エルメス 「テールドゥエルメス」 「ヴァンキャルトルフォーブル」
クリスチャンディオール  「デューンプールオム」
エリザベスアーディン 「グリーンティー」
フェラガモ 「プールファム」 「プールオム」 「サブティール」 「サブティールプールオム」
カルバンクライン 「エタニティー」 「トゥルース」、ランコム 「ミラク」 「ミラクオム」
エスティローダー 「プレジャーズ」 「ビューティフル」、イヴサンローラン 「インラブアゲイン」
エスカーダ 「イントゥーザブルー」
アランドロン 「サムライウーマン」 「ショーグン」
ラルフローレン 「ロマンス」 「ロマンスシルバー」
クリニーク 「ハッピーハート」 「ハッピー」
ジバンシー 「ウルトラマリン」 「パイ」 「パイフレッシュ」
ベルサーチ 「エセリアルエッセンス」アラミス 「タスカニーペルウォモ」
アザロ 「クローム」 「ビジット」
ケンゾー 「ローパケンゾー」、ゲラン 「ランスタン・ド・ゲラン」
グッチ 「プールオム」
ランバン 「オム」
フェラーリ 「レッド」 「ライトエッセンス」

などがあります。

お店によっては香水のボトルに名前、メッセージなどを刻んでくれるサービスもあるようですので、特別な日の贈り物などにも最適なのではと思います。




未分類
香水の使い方
香水は、香りを楽しむだけでなく、使い方によってあなた自身の気分も変化させてくれるものです。もともとは体臭を消すものとして使われていましたが、欧米人と違い体臭のない日本人にはあまり馴染みのないものでした。古代エジプト時代、香料は非常に神聖で神秘に満ちたものでした。悪を排除し、害を寄せつけないものと信じられていたのです。日本では、約1200年前の平安時代貴族達は、お香を焚いて香りを身に付ける習慣が日常でした。人気の香水としては「イヴ・サンローラン ベビードール」「カルバンクライン エタニティ」「アランドロン サムライウーマン」などがあります。お気に入りの香水を購入し続ける人が多いため、人気の香水は、比較的安定しています。長く自分でも香りを楽しみたい場合は、手首の内側、うなじなど上半身を中心に香水をつけましょう。動くたびにほんのりと香水の香りがわかるようにするには、下半身を中心につけるのがポイントです。TPOに合わせて大人を演出しましょう。


未分類
最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。