香水ブランド雑記
不快にさせず印象に残る香りを目指して
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
香水の使い方
香水は、香りを楽しむだけでなく、使い方によってあなた自身の気分も変化させてくれるものです。もともとは体臭を消すものとして使われていましたが、欧米人と違い体臭のない日本人にはあまり馴染みのないものでした。古代エジプト時代、香料は非常に神聖で神秘に満ちたものでした。悪を排除し、害を寄せつけないものと信じられていたのです。日本では、約1200年前の平安時代貴族達は、お香を焚いて香りを身に付ける習慣が日常でした。人気の香水としては「イヴ・サンローラン ベビードール」「カルバンクライン エタニティ」「アランドロン サムライウーマン」などがあります。お気に入りの香水を購入し続ける人が多いため、人気の香水は、比較的安定しています。長く自分でも香りを楽しみたい場合は、手首の内側、うなじなど上半身を中心に香水をつけましょう。動くたびにほんのりと香水の香りがわかるようにするには、下半身を中心につけるのがポイントです。TPOに合わせて大人を演出しましょう。


スポンサーサイト
未分類
香水の語源
香水の語源はラテン語で、もともと体臭を消すものでした。そのため体臭があまりない日本人には、なじみが薄くあまり浸透していないのが実状です。でも香水をつけることで、いつもと違う雰囲気になることも可能なのです。
香りの歴史は古く、古代エジプト時代にまでさかのぼります。当時、香料は非常に神聖で神秘的であり、悪を排除し、害を寄せつけないものと信じられていました。日本では、お香を焚いて香りを身に付ける習慣が平安貴族の間では日常でした。
人気の香水は、比較的安定しています。「自分の香水」を見つけた人はそれを続けて購入するからです。人気の香水としては「イヴ・サンローラン ベビードール」「エリザベス・アーデン グリーンティー」などがあります。
TPOに合わせてつけるのが大人の香水のつけ方です。食事をする場所や病院、葬儀ではできるだけ香水を控えましょう。香水をつける場所は手首の内側、うなじ(耳の後ろあたり)、ひじの内側、太ももの内側やひざの裏、足首などがオススメです。

パンパンな財布をベルロイでスマートに

未分類
日本での普及
香水は、欧米では一般的に使用されていますが、日本ではそれほど浸透していないのが実状です。もともと香水は体の臭いを消すものだったということもあり、体臭があまりない日本人にとってはなじまなかったのです。香りは、古代エジプト時代、非常に神聖で神秘に満ちたもので、悪を排除し、害を寄せつけないものと信じられていました。日本はと言うと、平安貴族の間ではお香を焚いて香りを身に付ける習慣がありました。お気に入りの香水を手に入れるには、お店にある「試香紙」に香水をつけて、10分ほど経過した香りで判断することをお薦めします。「エリザベス・アーデン グリーンティー」「カルバンクライン CK-ONE」などが人気の定番香水です。付け過ぎた香水は周囲の人にも迷惑ですし、スマートではありません。また、TPOに合わせて付けることを心がけましょう。手首の内側、うなじなど上半身は自分でも香りを楽しみたい時に。下半身を中心につけるとほのかに香ってオシャレですよ。
毛根の汚れを自宅でチェック!

未分類
香水の知識
香水というと人それぞれ好みの香りもあり、香水を好む人も好まない人もいるかと思いますが、プレゼントなどには最適な物であるとも言えると思います。香水には4つの種類があり、濃度と香りの持続時間順に、パルファンが7時間程度、オーデパルファンが5時間程度、オーデトワレが3時間程度、オーデコロンが1時間程度香りが持続するそうです。そして香水は身に付けてから時間が経つと共に香りが変化するものなのだそうです。香水を構成する色々な原料が香りの強い順に空気に溶け込んでいく為香りの変化がおきます。トップノートは付け始めて1?10分程度で香水の第一印象を決定する香りを指します。そしてミドルノートは10分?2時間程度の持ち味と言える香りとされます。そしてラストノートは2時間?6時間程度の頃の香りで、ひとつの香水をとってもその特徴を使いこなすには何度も使ってみる事が大切なようです。香水は保存状態にもよりますが、できるだけアルコールが抜ける前の1年以内に使用する事が大切だそうです。冷暗所または冷蔵庫などに保管するのが良いようです。また顔の口の周りや、パールや毛皮、シルク、なめし皮などには香水が付かないように注意します。TPOやその時の心情、朝、昼、晩で香りを変えたいなど色々なシーンで香水を楽しむ事が出来ますが、時と場合によっては香水を付けないという事も大切なマナーとなります。香水は使い切れない場合なども多く出てくるものでもあると思いますが、そういう時は、リネンウォーターのかわりに洗濯、アイロンの際に、エッセンシャルオイルがわりにアロマポット、香り袋のかわりに布に香りをつけたり、香水を手紙に香り付けしたり、お風呂に香水を1滴たらしてリラックス効果を演出したりといろいろな使い方が出来るようです。メディキュット
未分類
最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。