香水ブランド雑記
不快にさせず印象に残る香りを目指して
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
日本での普及
香水は、欧米では一般的に使用されていますが、日本ではそれほど浸透していないのが実状です。もともと香水は体の臭いを消すものだったということもあり、体臭があまりない日本人にとってはなじまなかったのです。香りは、古代エジプト時代、非常に神聖で神秘に満ちたもので、悪を排除し、害を寄せつけないものと信じられていました。日本はと言うと、平安貴族の間ではお香を焚いて香りを身に付ける習慣がありました。お気に入りの香水を手に入れるには、お店にある「試香紙」に香水をつけて、10分ほど経過した香りで判断することをお薦めします。「エリザベス・アーデン グリーンティー」「カルバンクライン CK-ONE」などが人気の定番香水です。付け過ぎた香水は周囲の人にも迷惑ですし、スマートではありません。また、TPOに合わせて付けることを心がけましょう。手首の内側、うなじなど上半身は自分でも香りを楽しみたい時に。下半身を中心につけるとほのかに香ってオシャレですよ。
毛根の汚れを自宅でチェック!

スポンサーサイト
未分類
最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。