香水ブランド雑記
不快にさせず印象に残る香りを目指して
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
香水の語源
香水の語源はラテン語で、もともと体臭を消すものでした。そのため体臭があまりない日本人には、なじみが薄くあまり浸透していないのが実状です。でも香水をつけることで、いつもと違う雰囲気になることも可能なのです。
香りの歴史は古く、古代エジプト時代にまでさかのぼります。当時、香料は非常に神聖で神秘的であり、悪を排除し、害を寄せつけないものと信じられていました。日本では、お香を焚いて香りを身に付ける習慣が平安貴族の間では日常でした。
人気の香水は、比較的安定しています。「自分の香水」を見つけた人はそれを続けて購入するからです。人気の香水としては「イヴ・サンローラン ベビードール」「エリザベス・アーデン グリーンティー」などがあります。
TPOに合わせてつけるのが大人の香水のつけ方です。食事をする場所や病院、葬儀ではできるだけ香水を控えましょう。香水をつける場所は手首の内側、うなじ(耳の後ろあたり)、ひじの内側、太ももの内側やひざの裏、足首などがオススメです。

パンパンな財布をベルロイでスマートに

スポンサーサイト
未分類
最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。