香水ブランド雑記
不快にさせず印象に残る香りを目指して
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
香水の種類
香水はその香りはもちろん、名前にもボトルの形などにもコンセプトがあり、自分にあった香りを選んでみるのも良いことだと思います。
有名な香水というと

ブルガリ  「ブルー」 「ブループールオム」 「プールファム」 「プールオム」
シャネル 「アリュールオム」 「アリュール」 「エゴイスト」 「エゴイストプラチナム」 「チャンス」 「ココ」 「ココマドモワゼル」
エルメス 「テールドゥエルメス」 「ヴァンキャルトルフォーブル」
クリスチャンディオール  「デューンプールオム」
エリザベスアーディン 「グリーンティー」
フェラガモ 「プールファム」 「プールオム」 「サブティール」 「サブティールプールオム」
カルバンクライン 「エタニティー」 「トゥルース」、ランコム 「ミラク」 「ミラクオム」
エスティローダー 「プレジャーズ」 「ビューティフル」、イヴサンローラン 「インラブアゲイン」
エスカーダ 「イントゥーザブルー」
アランドロン 「サムライウーマン」 「ショーグン」
ラルフローレン 「ロマンス」 「ロマンスシルバー」
クリニーク 「ハッピーハート」 「ハッピー」
ジバンシー 「ウルトラマリン」 「パイ」 「パイフレッシュ」
ベルサーチ 「エセリアルエッセンス」アラミス 「タスカニーペルウォモ」
アザロ 「クローム」 「ビジット」
ケンゾー 「ローパケンゾー」、ゲラン 「ランスタン・ド・ゲラン」
グッチ 「プールオム」
ランバン 「オム」
フェラーリ 「レッド」 「ライトエッセンス」

などがあります。

お店によっては香水のボトルに名前、メッセージなどを刻んでくれるサービスもあるようですので、特別な日の贈り物などにも最適なのではと思います。




スポンサーサイト
未分類
最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。